2017
16
Mar

Goods

cricket が戻ってきました

いやぁ、難しい。せっかく綺麗になって帰ってきたので綺麗に写真撮ってあげようとおもったんだけど、時計なんて簡単には撮れないわ。いや参りました…。

とにかく、戻ってきましたよREVUE THOMMEN cricket。オーバーホール費 ¥68,040、耳揃えてお支払してきました。驚いたのは風防。てっきりガラス製だと思っていたのですが、プラスチックなんですね…。販売当時10万オーバーだったと予想されますが、プラスチックとな!ちょっと驚きです。時計業界に詳しくないのですが、別に珍しいことでもないのでしょうか。去年3万円で新品を買ったSEIKOの機械式腕時計はサファイアクリスタルでしたよ。まぁいいんですけどね。

でもこのプラスチック風防というのが最近気に入っておりまして。傷に対する対策として、硬度を上げるのではなく逆に下げるというアプローチがとても面白いと感じております。プラスチック風防って傷がついても研磨剤で少し擦ると簡単にピカピカになるのですよ。サンエーパールという時計用の研磨剤を買って試してみたのですが、これがとても良い。たまに磨いているのですが、メンテナンスの楽しさを味わえます。

長年愛用した皮革製品にミンクオイルを塗ってメンテナンスをしていくと味わいのある経年変化を楽しめますよね。それに近い楽しみがあります。毎日ネジを巻く。週一で時刻を調整する。月一で風防を磨く。大事に付き合っていきたいと思います。

ところでこのcricket、竜頭が二段階に引き出せます。1段でアラームストップ、2段で時刻調整&アラーム時刻設定。防水は1段でも問題ないのでしょうかね?誰か知っている方がおられたら教えてください。

 

 
コメントは利用できません。