2017
3
Mar

Life

40代IT業界人の転職活動 〜準備編〜

何事も段取り八分!

さて、そんなワケで転職活動を開始したわけです。何事も段取り八分。何事も計画を立てて順番にタスクをこなしていけば必ず成功する(はず)です。まず第一段階は履歴書、職歴書を完成させるところでしょうか。そしてなんでも1人のチカラでやろうとしちゃ駄目だと思うわけですよ。いろんな方々のお力をお借りして進めていきたいと思います。

理髪店で散髪しましょ!

まずは散髪!実は僕、5年以上髪は自分で切っていました。まぁ仕上がりはそれなりなのですが困った事はさほどありませんでした。しかし今回は履歴書に写真を貼らなければなりませんので、いつもより男前指数を上げる必要があります。もうプロのチカラを借りましょう!つまり近所の理髪店で髪を切りました。やっぱプロですね。見た目は真面目なビジネスマン風になりましたし、カッチリと気持ちも切り替わりました。

証明写真もプロに頼みます!

髪を切ったらそのままネクタイをしめてフォトスタジオへ。証明写真など駅前のプリクラっぽい自動撮影機を使えば1,000円以下ですが、写真もプロに撮ってもらうことにしましたよ。実際、姿勢や表情などにもアドバイスをいただき、最終的に細かいレタッチもしていただけました。肌荒れ隠したり顔色よくしたりとか。そして書類は全てエクセル&パワポで作りますので印刷物ではなくデータでご納品いただきました。

履歴書、職歴書は時間をかけて。

履歴書、職歴書、ポートフォリオの作成は一週間ほどかけました。朝からMacBook持参で図書館に篭りテキストの骨子から作成。ネットにはつながりませんがこれがとても集中できる。ときにはオフライン作業もとても有効だということがわかりました。職歴書やポートフォリオで使用する画像は、Webの制作実績ですのでブラウザのキャプチャですが、ExcelやPowerPointにそのまま貼り付けず、PSでサイズや縦横比をきちんとを合わせて、見栄えのするように枠をつけたりシャドウを落としたり、素材として作り直しました。カタチにしたら家族に見てもらい、ご意見や文字校正を徹底しました。

配布に備えて

データだけではなく紙にもしておく必要があります。郵送で申し込みの企業や、面接の際に持参するときに必ず必要になります。僕はコニカミノルタのキンコーズに印刷を依頼しました。多少コストはかかりますが家庭用のインクジェットとはレベルが違います。最後に資料をまとめてPDF化。セキュリティレベルを変更して修正禁止にしたり、ドキュメントのプロパティで、製作者、タイトルなど手をきちんと設定。メールでの添付に問題が発生した場合に備えて、自分で借りているレンタルサーバにzipファイルを置いて、ダウンロードできるようにしておきました。

あとは何処に申し込むか?

資料が全て揃ったので、あとはどこに申し込むかだけなのですが、これが結構な問題で。今までの退職者に連絡を取って情報集めをしました。どこに勤めているとか、どこは景気がいいとか、ひたすら情報を集めました。他には『Web』、『採用』、『ディレクター』、『撮影』など複数キーワードで表示順位の低いところまで目を通して、何となく良さそうな企業リストを作成しました。片っ端から応募!まぁ数打ちゃどっか引っかかるだろう。

 

 

 
コメントは利用できません。