2021
8
Jul

つぶやき

コロナワクチンは打たない

コロナワクチンを打つ打たないの話があちこちで聞こえる。僕は打たないことにしている。コロナウイルスよりもコロナワクチンの方が害がありそうだからだ。

コンピュータウイルスなんかでもそうだ。感染するか?しないか?害があるのか?ないのか?わからないウイルスに対して、インストールすることによって常にコンピュータの挙動が重たくなったり、不安定になったりするセキュリティソフトウェア。どちらの害が大きいかは明白だ。僕は個人所有のコンピュータにセキュリティソフトウェアはインストールしない。長くコンピュータを使っているが、ウイルスの被害にあったこたはない。

コロナワクチンも似たような傾向を感じる。コロナウイルスは感染しても症状が現れる人は少ないという。基礎疾患がなければ、致死率もさほど高くないようだ。対してコロナワクチンは接種後に具合が悪くなる人は多く、命を落とされた事例もちらほら耳にする。コロナワクチンはウイルスの遺伝子を組み替えるという、今までにない手法で作ったと聞く。当然長期的な臨床例はない。接種後、何が起こるかは誰にもわからない訳だ。そんな怪しい代物を体内に取り込むのは遠慮しておきたい。

政府や一部の専門家はコロナワクチンは安全で効果的だという。不確実な情報に惑わされず、公的な発表を信じてくれという。

しかし彼らのいうことが間違いない保証はないし、そもそも有事の際に『保証』など不可能なのだ。金をもらったからどうだと言うのだ?そして『科学的な論証』ってヤツはよく間違える事を知っているし、一部の権力者の都合の良いように解釈を捻じ曲げられてしまうことも知っている。

コロナウイルスの問題は政府や専門家の言葉に惑わされず、自分の判断で決めねばならない。

僕はコロナワクチンは接種しません。

 
コメントは利用できません。